あなたのアイデアはいくらの価値なのか!?

バーチャルVCがあなたの会社の投資額を決定します。

02バーチャル投資額判定

Introduction

バーチャルベンチャーキャピタル、
ベストプラクティスファンドは
1億円の投資資金を保有しています。

※「バーチャル投資額判定」は仮想のベンチャーキャピタルが評価する投資額であり、実際の投資を保証、受付するものではありません。

Mission

アイデアの詰まった事業計画書で資金調達を成功させよう!

事業の強み特徴は?
事業戦略は具体的?
いつごろ投資資金が回収できる?

コンサル君

Diagnose

4人のファンドマネージャーが
事業計画書を診断・評価して、投資額を決定します!!

竹原 真市 Shinichi Takehara

Best Practice株式会社
代表取締役

会計事務所・東証一部企業の管理職を経て2003年に独立。
『起業から株式公開企業まで』をコンセプトに企業の成長過程に合ったコンサルティングを展開。

竹原 真市

高橋 智 Satoru Takahashi

株式会社アクロスザシー
代表取締役

ZOZOの㈱スタートトゥデイにて東証マザーズ上場を達成。
独立起業後、日本エマージェンシーアシスタンス㈱のJQ上場をサポート。
「ベンチャー企業の非常勤管理本部長」

高橋 智

福田 宗就 Munenori Fukuda

スペース・ソルバ株式会社 取締役
ドリームゲートアドバイザー

ITベンチャーの社長参謀(CFO)として長年培ってきた経営ノウハウや実務経験を活かし、ドリームゲート(起業家支援ポータルサイト)のアドバイザーとして活動中。

福田 宗就

芹沢 俊太郎 Shuntaro Serizawa

TRADコンサルティング株式会社/TRAD税理士法人 代表
みさき監査法人 統括代表社員

監査法人で上場監査+取引所、主幹事証券で上場審査に従事した経験をもつ。

芹沢 俊太郎

診断結果と診断内容

診断結果

事業所計画書診断

診断内容

番号 区分 診断項目 診断内容
1 事業計画 経営理念・ビジョン 何をしたいのか、必要とされているか、なぜ事業を行うのか、共感されるか
2 コア・コンピタンス 技術力や商品・サービスの強み・特徴は明確か、知的財産はあるか
3 市場性・魅力 どの様なお客様にニーズがあるか、ポテンシャルのある市場か、裏付けはあるか
4 競合優位性 競合他社の把握と自社の強みは明確か
5 ビジネスモデル 儲かる仕組みになっているか、明確に分かり易いか
6 SWOT分析 自社の現状に関して分析ができているか
7 事業戦略 事業計画を推進する具体的な計画になっているか、商品・技術・サービス等のロードマップは明確か、マーケティングは明確か、協業・提携先はあるか
8 経営陣・組織体制 経営陣は経験豊富か、事業推進の体制は確立できるか
9 過去の実績 今迄やってきた実績評価
10 計画の実現可能性 事業計画自体の完成度、数値の整合性、信憑性、この計画を見た後、投資したいと感じるか
11 財務計画 現状の財務状況 直近のBS評価 
12 過去の売上実績 3~5年の推移評価
13 売上計画 過去の実績と計画をみて妥当か、売上成長率は妥当か
14 収益性 粗利・営業利益・経常利益
15 資金計画 資金繰りは問題ないか、必要な資金調達の方法は明確か
16 資本政策 資金調達、株価、株主構成、インセンティブプランは妥当か
17 人員計画 人員計画は妥当か、社会保障やインセンティブプランは反映されているか
18 販売管理費 販売促進、広告宣伝費、その他諸経費は妥当か
19 設備投資計画 設備投資や開発費は妥当か
20 計画の実現可能性 財務計画の完成度、数値の整合性、信憑性、この計画を見た後、投資したいと感じるか

Now Challenge!!

あなたのアイデアはいくらの価値なのか!?

判定までの流れ

Step1事業計画書を送る

作成した事業計画書をメール送信

フォームは問いませんが、PDFデータで送信ください。

事業計画書の作成が未だの方は、テンプレートをダウンロードし作成ください。

機密保持の取扱いについては、下部をご確認ください。
機密保持契約書の締結をご希望される場合は、その旨をご連絡ください。

Step2診断・評価

4人のファンドマネージャーが診断・評価

1週間程度お時間をいただきます。

Step3判定結果が届く

事業計画書診断シートをメール返信

事業計画書診断シート(PDF)をメールで返信します。
診断項目・診断内容をご確認いただき、事業計画書の精度アップに役立ててください。

Advice

面談・レビュー

ご希望があれば、ファンドマネージャーをご指名(2名まで)いただき、
面談しながら事業計画の評価及びアドバイスを行います。
基本Best Practice 事務所で2時間、報酬2万円。

まずはここから!

事業計画書送信

事業計画書のテンプレートはこちらからダウンロード出来ます。

事業計画書ダウンロード

機密保持の取扱い

Best Practice株式会社は、バーチャル投資額判定サービス(以下「本件」という。)を提供するにあたり、事業計画書に関する機密情報の取扱いについて、以下の通り定めます。

機密保持の定義

機密情報とは、データファイル、文章、口頭その他媒体を問わず、事業計画書に関し、機密であることを指定して当社に開示する全ての情報及びこれに基づき作成された資料その他の情報をいう。

機密保持義務

当社及び本件を提供するために当社が連携する専門家は、提供を受けた本件事業計画書に関する機密情報(以下「本機密情報」という。)について、事前の承諾なく、第三者に開示せず、また本件に係る業務を遂行する目的以外の目的で使用しないものとする。

機密保持義務の例外

次の各号のいずれかに該当する情報については、前条にかかわらず、機密保持の義務を負わないものとする。

1. 機密情報の開示以前に当社が既に保有していたもの。

2. その時期の如何を問わず、当社における前条の違反なくして公知となったもの。

3. その時期の如何を問わず、第三者から入手したもので、当該第三者において契約又は適用法令によって機密保持を負担していることを当社が了知していないもの。

機密保持の期間

機密保持義務は、1年間存続する。